SUNDAY TIMES no,45

SUNDAY TIMES no,45

KINGS ROAD SUNDAY TIMES no.45

今日の特集は96年式クーパー

新車ワンオーナーで21年前からずっと一筋で乗り続けている清水さんです。

バイクも好きだったり、車ももちろん好きで、Miniに乗り始める時も何台かからの選択肢の中から選び抜き、就職祝いとして自分にお祝いの記念にと購入された1台でした。

清水さんのご職業は美術の先生ですが、先生を始められてから21年、Miniに乗り続けて21年、社会人になってからの甘酸っぱい思い出や、頑張った時代、みなさんにもありますよね。その社会に出てからの楽しさや苦しさを感じてきた日々をずっとMiniと過ごしてこられた、、という背景を感じると、

思いを込めて1つのものを大切に大切にしていくという心はMiniオーナーさんならではです。

Miniの故郷のイギリスの風習として、家や家具など壊れたものを買い換えるのではなく、壊れたら修理をしてまた使う。直して、また良くして、自分らしくカスタマイズして、、と、元々といいものは何年、何十年経っても色あせることなく、味となり、さらに価値にもなり、自分の生きていく証にもなっていくのだろうなと思わせてもらいます。

みなさんにはありますか?胸を張って、自分はこれが好き、大切だと言えるもの。

清水さんのように1つのものをずっと大切にし続けることができる心は、とても豊かで素敵だなぁと感じます。

さて、そんな清水さんの車には面白いものが入っているんです。それがこちらの写真!

なんでしょう?分かる方みえますか?

これは新車を乗った時から後ろのサイドポケットに入ってたもの。ディーラーで聞いてみると『塗装をした時に使うクリップ、、?』(笑)

珍しいものだからと、今もずっと同じ場所に入れている清水さんも楽しいですね。

綺麗なこのアーモンドグリーンは、当時名古屋第1号車であり、ビビッときた清水さんは即決!

色を決める時、1ヶ月以上悩みに悩んでみえたのですがアーモンドグリーンを見た時の決定力はきっと素晴らしい選択だったでしょうね。

退職しても乗り続けるよ!と笑顔で伝えてくださいました。清水さんといえば、サバイバルゲーム大会に欠かさずご参加くださっています。

Miniに乗っていると、こんなに楽しいんだよ、こんなに素晴らしいんですよという提案をこれからもキングスロードからも発信していきたいと思います。

Miniに乗っていると絶えず感じるというその〝感じ〟を良さとして大切に乗り続ける清水さん。

取材ご協力ありがとうございました。これからもMiniと共にある自然の毎日をお過ごしくださいね。

  • 日付
  • お名前
    清水さん
  • Share