KINGS ROAD SUNDAY TIMES no.180

KINGS ROAD SUNDAY TIMES no.180

30年という月日を共にしてきた

新車ワンオーナー。

 

 

キングスロードの駐車場に颯爽と駐車されたその佇まいは、目を見張るなんともいえない様子でした。

あぁこの雰囲気好きだなぁって思わず駆け寄る私がいました。

久々にお会いしたのは、今週の特集上村さんです。

とても穏やかで優しい雰囲気のオーナーさん。その姿が車にも伝わっているようで、

30年間ほとんど大きなトラブルもなく過ごされているようです。

 

街中をちょこちょこっと走り抜けるけるのに最適で、普段の相棒として図書館へ行ったり、お買い物へ行ったり、打ちっぱなしへいったり、、

その存在はとても自然で特別でなく、しかし確実な愛情が伝えられているMiniだということが伝わってきます。

元々はグレーだったけど今はキレイなオレンジ色。近くの板金屋さんにお願いしたら、

全然違う色で出てきて、、

まぁこれも運命だろうとそのままにしてあるんだって笑って話される上村さん。

1000ccキャブレターオートマ。

工場長も『最高ですね!ほんとこの時代のものしか、感じられないこの感じ。』と、絶賛。

 

そんなに速くないし、自分自身にあってる気がするんだよね、とそう話されながらも30年間の間では、

何度か手放そうと思った時期もあったそうです。

しかし、絶好調の様子に

どうせなら限界まで乗ろうと決めたけど、なかなか壊れなくて気が付いたら30年経っていんだよね、、笑

と。

そんな上村さんは

半年前にご病気され、車はどうしようかなと実際真剣に向き合う時間があり、そしてタイミング的に車検も切れ、、

でもなぁ、これまで一緒に来たんだよな。と

そばに置いておく選択肢をとりました。

すると不思議と

無事に病気も治り、、元気になったご自身の楽しみになったその心に『よし!また乗ろう!』と輝く希望の光として感じられたのでしょうね。

 

 

 

生きていく途中には、様々な悩みや困難、そんなことがない人はいないでしょう。

しかし、少し考え方を変えてみると

 

一つの選択肢が、まだ見えていない未来に大きな希望や楽しみや笑顔に変わっていることがあります。

30年、新車ワンオーナーだからこそ

伝えていただけた

過去の栄光より、『今』を楽しむその、光がとても心にうったえるものです。

だからこそ、この日

駐車場に停まったあの雰囲気に引き込まれたのだなぁと感じました。

 

上村さん、取材のご協力をありがとうございました。

ステキな日々を♪