なぜにゴム・・・?

なぜにゴム・・・?

ミニの足回りに使われているといえばコレですね。そう、ラバーコーンというゴムです。ミニの開発当時の技術では、狭いスペースに使えるバネが作れなかった のです。そこでゴムの塊をバネの変わりに採用しました。これがミニ独特の、ピョコピョコと跳ねるような乗り心地を生み出しました。
また、ラバーコーンを使うことで、もう1つメリットがあったんです。それは、クルマがほとんどロール(コーナリング中に傾く事)をせずに走る事。まるで街中をゴーカートに乗って走っているような感覚です。とってもキビキビとよく曲がるクルマになりました。