成長するミニ

成長するミニ

ミニのエンジンは850CCをのせてスタートしました。どんどん成長して1000CCから1300CCまで排気量がUPしたんです。
エンジンも狭いエンジンルームに収める為に工夫され、エンジンとミッションが2階建てにして、今のバイクのようなエンジンの構造になりました。
他にもエンジンの燃料供給方式も変化していきました。売り出した当時はキャブレターという霧吹きのような機械。92年からのミニにはインジェクションというコンピューター制御される物が使われています。97年には点火方式も変わり、エアバックが装備されました。
時代と共に、ミニも進化していったんですね。